雪国ならではのお祭りといえば札幌雪まつり

北海道で有名なイベントといえば札幌雪まつりなんですが、どんな祭りか皆さんは知っていますでしょうか?

雪国ならではの雪像を展示したり、雪の滑り台などが体験できるイベントです。

もちろんタラバガニや温かい食べ物などグルメ系もあります。

札幌雪まつりの歴史

札幌雪まつりが始まったきっかけは、1950年に札幌に住んでいる高校生が6つの雪像を作った事がきっかけで始まりました。

今ではありませんが、雪合戦、カーニバルがあったり、雪像の展示などがありました。

5万人の人が訪れて、思っている以上に人気がありました。

それから今日まで札幌市内の人気のイベントとして続いています。

1953年には、高さ15メートルにもなる大きい雪像「昇天」が作られ1955年になると雪像作りに自衛隊が参加するようになりました。

1959年になると2500人で雪像作りが行われました。

その頃には、テレビや新聞で紹介されるようになりました。

紹介された事がきっかけで北海道外からのお客さんが来るようになり来場者数がかなり増えました。

1965年になると雪まつりの2つ目の会場として真駒内会場ができました。

1974年は、オイルショックが起こり、雪を運ぶトラックの燃料費が準備できなくなりましたので雪像の中にドラム缶をいれて雪像を作りました。

この頃から雪像の国際コンクールが始まり外国人の方が雪像作りをするようになりました。

1974年になるとミューヘンやシドニーなど札幌とつながりのある外国の雪像が作られるようになりました。

さらに第34回になるとすすきの会場が3つ目の会場となりました。

1984年になると2日間日にちが延長されました。

2005年になると真駒内会場が閉鎖されてさとらんど、つどーむ会場に変わりました。

現在では、雪像とプロジェクションマッピングのコラボイベントが行われたりします。

雪まつりの雪像ができるまで

雪像ができるまでの手順を詳しくお話ししたいと思います。

まずは、札幌市に近い地域の綺麗な雪を集めます。

その後、札幌市内にある雪まつり会場に雪を運びます。

あくまでも目安ですが、雪像1つ作るのに約600台の雪が必要です。

足場を組み立てた後、雪を積んでいきます。

積み上げた後は、一日放置して、大まかに雪を削り、細かい部分をさらに削っていきます。

夜間もしっかりと作業し、事前に作っておいたパーツをつけたら完成です。

過去の雪まつりでは、雪まつり当日猛吹雪になり、雪像が傾いたり、気温が思ったよりも高くなってしまい雪像が溶けてしまうという事が過去にありました。

今年は、特に雪が少なく規模を狭めて雪まつりをやると言われています。

雪まつりに行くなら服装にも注意

雪まつり会場は、大通り会場だけでなく、すすきの会場やつどーむ会場があり、会場によって内容が少し変わります。

そのため、会場に合わせた服装にすると困らないかもしれません。

大通りやすすきの会場の場合は、厚手のコート、ダウン、帽子、手袋は必需品でしっかりと防寒対策をしましょう。

滑りにくい靴を履くことで雪像を安心してみる事ができるかと思います。

一方、つどーむ会場は、滑り台やスノーラフトなどあるため、スキーウェアやスノーボードウェアなどで防寒対策をして動けるようにしておきましょう。

お子さんの場合は、上下つなぎタイプのウェアを着ておくと雪が入らず、安心です。

まとめ

今回は、札幌雪まつりについて紹介しました。

様々な会場があり、それぞれ楽しみ方がありますので、是非機会があったら雪まつりに行ってみてくださいね。